マッサージ師になるには

マッサージ師や整体師になるにはどうすればいいの?

マッサージ師や整体師は自分の腕一つで身体の不調を整えることが出来る他、リラクゼーション効果が高く相手に癒しを与えることが出来る仕事のため、非常に人気が出ております。

 

マッサージ師の国家資格の取れる学校に通う

整体やマッサージの中でマッサージ師は正式にはあんまマッサージ指圧師と呼ばれる国家資格になります。こちらは他の整体の学校と違い、国の指定を受けた養成校で3年間学ぶことで国家資格を受験する事ができ、それに合格することでマッサージ師になることが出来ます。

 

国家資格であるために医療や介護の仕事において有利になることがありますが、学校自体が少ないため受験するのが難しいという特徴があります。受講期間は3年となっております。

 

整体師の専門学校、スクールに通う

マッサージ師 スクール

整体師になるには整体の専門学校やスクールに通うという方法があります。こちらは様々なコースがあり、スクールによって受講期間も様々ですが、その分入学する時期を選ぶことが出来たり、自分の都合に合わせた時間帯のスクールを選ぶことが出来るというメリットがあります。

 

またコースの種類が様々なものがありますので、コースによってはかなり専門的なテクニックを学ぶことが出来ることや卒業後の学校認定の資格を得ることが出来るので就職して働くときに患者(クライアント)に対して適切な方法を行うことが出来たりします。

 

他にも学校によっては海外の大学などと提携しており、海外での実習や短期留学等の道筋が提示されていたりするなど、色々な方向へ就職、進学が可能となっております。国家資格ではないので医療の仕事は難しいですが整体院やリラクゼーションサロン、さらには介護の分野での仕事も最近は増えてきており、様々な場所での活躍が期待できます。

 

受講期間はスクールのコースによりますが、3か月の短いものから2年制の長いものまで様々です。

 

整体の通信講座を受ける

マッサージ師 通信講座

一部の整体のスクールなどは通信講座も設けており、働きながら自宅で学ぶことが可能となっております。テキストの他に動画の入ったDVDなどが付属しており、実際に画像でテクニックを学ぶことが出来るため、学校に通う時間の取れない方には非常に向いております。

 

講座修了後にはそのスクールの資格認定証を渡してくれるため、就職で困ることも少ないと思います。またコースの種類が多いのも特徴で他の学校に通いながら通信講座を受けるという方法もあります。受講期間は非常に3か月から半年ぐらいと短いもの多くなります。

 

整体院やリラクゼーションサロンで働きながら技術を学ぶ

マッサージ師 サロン

一部の整体院やリラクゼーションサロンでは実際に働きながら技術を教えてくれるところがあります。就職先でそのままテクニックを身に着けることができますが、勉強する時間が中々取れない所が多いため、テクニック習得などの面で苦労することがあると思います。

 

その為、学校に通っている生徒がアルバイトで他の技術を学びたいということが多かったりします。受講期間はその職場によって様々ですが大体は3か月くらいで実際に仕事に立つことが多いと言われております。

 

マッサージ師の学校はどんなものがあるの?

あんまマッサージ指圧師 整体の学校

整体については様々なコースがあるため色々と比較しにくいと思いますが、ここで使ってみたいものとしてブラッシュUP学びによるスクール情報及び資料の一括請求があります。

 

こちらですと全国のスクールの情報を調べることができ、通学、通信両方の講座とも充実しております。さらに検索機能である程度場所を絞ることもできますし。何より、各学校の資料を無料で一括請求することが出来るために、自分に合った講座を選ぶことが出来ます。

 

まずは無料の資料請求

マッサージ 資格

 

 

マッサージ師、整体師という仕事で得られるもの

マッサージ師や整体師は自分の腕一つでなることができる職業として知られています

 

怪我をしたときに無意識にその部分を抑えますよね?人はそうすることで不安を取り除こうとする心理があります。その為、怪我を治す行為を「手当て」と呼ぶこともありました。マッサージ師、整体師も同じようにお客さんの痛いところ、苦しいところに手を添えて、そして揉み解すことで痛みを取っていきます。誰かに揉んでもらうのと違い、プロであるマッサージ師や整体師は医学の知識を持っているため原因を突き止め、それを取り除くことが出来ます。

 

その際に相手の体には心地よい刺激が加わるため、心も癒すことができ、痛みに苦しんで辛い思いをしている人を助けることが出来ます。

 

自分の手一つでほとんどのことが出来る

マッサージ師 手

特殊な道具を使うこともありますが、マッサージ師、整体師ともほとんど自分の手のみでお客さんの痛みをとってリラックスさせていきます。この自分の手というものが重要で、お客さんの痛みや苦しんでいるところがどこかを実際に触れることで感じることができ、そこを治していくということがその場で出来ます。

 

しかも触れるところは体のほぼ全部、逆に触れないところ探すのが難しいくらいです。さらに痛いところを見つけてくれてそこを何とかしてくれるという行動は非常に相手にとって喜ばれます。また手が触れることで温かみが伝わることや自分をしっかりと見てもらっているという感覚をお客さんが持ってくれるのもポイントです。

 

お客さんに「ありがとう」と言われる仕事

マッサージ師 やりがい

この仕事をやっているとお客さんに「ありがとう」「助かりました」「楽になった」と言われます。自分たちがやっていることでお客さんは痛みや苦しみから解放され助けてもらった気持ちとなり、その結果が言葉になって出てきます。

 

また人によっては実際に体を動かして、楽になった姿を見せてくれます。ひょっとしたら日ごろ頭痛や腰痛などで苦しんでいる人々にとってはヒーローのように思えるかもしれません。

 

その言葉はマッサージや整体をやっている者にとって、自分が必要とされていることを感じる瞬間でもあります。この言葉のために、マッサージ師や整体師を続けている人はたくさんいます。

マッサージ師、整体師という仕事で得られるものとは?

いくつかご紹介しましたが、この仕事で得られるものはお客さんの痛みや苦しみを解決することで、辛い状況から解放してあげることでお客さんから「ありがとう」と言われることと、その為に社会に必要とされているということに尽きると思います。

 

今の社会では頭痛や腰痛などに苦しむ人がいっぱいおります、その人のためのスーパーマンに貴方がなってあげてください。

 

 

>>マッサージ 資格の費用 TOP