マッサージ資格とは

マッサージ師とはどんなもの?

日本でいうマッサージ師とは、「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格保有者のことを言います。これはあん摩、マッサージ、指圧の各手技(押す・なでる・揉む・叩くなどの行為)を用いて、肩こりや腰痛などの症状を改善するものです。基本的に器具は使用せず、筋肉の緊張を緩和させ血液循環やリンパ循環を良くします。

 

名称に関わらず、マッサージを業務として行えるのは「医師」と「あん摩マッサージ指圧師」のみです。無免許でこれらの業務を行うと処罰の対象になります。

 

「柔道整復師」とは

 

ほねつぎなどで広く知られていて接骨院や整骨院を開業したりします。骨・関節・筋・腱・靭帯などに発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、投薬や手術をしない柔術を起源とする治療を行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させて、テーピングや湿布、包帯を使って施術を行います。

 

保険が適用されるので比較的収入を得やすい資格だと言われていますが、それには「柔道整復師」という国家資格が必要で、試験に合格しなければなりません。

 

「はり師」・「きゅう師」は

 

鍼(はり)と灸を使って身体のツボを刺激し、人間が本来もっている自然治癒力を高めて病気を治していきます。患者さんの症状に応じて「鍼」と「灸」を使い分け症状を改善します。神経痛、腰痛、肩こりなど症状は様々で、身体への負担が少ないのが特徴です。

 

「鍼」は直径0.16〜0.18o、長さ4〜5cm程度の鍼を、患部の皮膚に刺して治療します。「お灸」は、ヨモギを乾燥させた葉から作られたモグサをツボの上などで燃やして刺激を与えて治療します。これらの施術を行う「はり師」・「きゅう師」も、国家資格になります。

 

「整体師」は

 

手や肘(ひじ)を使った手技によって、身体全体のバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に高めることを目指します。肩こり・首こりや腰痛など、身体全体の骨格や関節の歪み・ズレの症状改善や施術を行います。

 

「カイロプラクティック師」は、アメリカ発祥の手技療法を施します。様々な疾病の原因は脊髄などのゆがみにあるとし、手技を使って歪みを直し、症状を改善することを目的としています。これらは民間資格で、資格が無くても名乗ることが出来ます。

 

マッサージの資格及びその関連する資格には様々なものがあります。まずは自分がイメージしている仕事に就くにはどの資格が必要なのかを、よく調べる必要があります。繰り返しますが、マッサージを業務として行えるのは「医師」と「あん摩マッサージ指圧師」のみですので、注意が必要です。

 

 

>>マッサージ 資格の費用 TOP